2014/10/01

ピュアリー*プードルスクール【授業風景】

26日(金)の生徒さん
 
 
 
ケネル&ラム・クリップ
 
左側片面迄進みました
前肢が少し細くなりました
本人も自覚していました
その他はお直しなしです
 
 
 
ケネル&ラム・クリップ
 
少し耳の付きが高く難易度の高いタイプの担当犬でクラウンに挑戦
耳付きの高い子のクラウンは、
耳の上にハッキリとした線を入れない方が良いです
失敗した箇所もありますが左右対称に仕上がりました
 
 
皆さんお疲れ様でした!