2016/05/24

【授業風景】ピュアリー☆プードルスクール

土曜日の授業風景


ケネル&ラム・クリップ

ボディはウエストの角とタックアップの角が残って居たので、
お直ししてもらいました

クラウンは後頭部の位置が前過ぎたことと、
下がり過ぎた事と、なぜそうなるのかの原因追求をしました


ケネル&ラム・クリップ

今回はクラウンからスタート
イマジナリーラインの上から見た角度や前から見た角度がまだ理解出来ていないようです
クラウンの大きさ矢形はイマジナリーラインでほほ決定してしまうので
理解出来るまで諦めずに取り組みましょう


ディディベア仕上げ

ソフト・マスタッシュの頬の部分が良くわからないとの事ですので、
どこに繋がってどのくらいの長さになるのかを説明しました
ボディは殆どお直しなしです


ケネル&ラム・クリップ

これまで進んで来たボディを整えて、
クラウン・ネックライン・イヤーフリンジの裾、
テールのポンポンを作りペアのバジルは終了しました
ハイオン・タイプのクラウンは、全体のバランスを見ながら位置決めをしていかないと、
ボディに対して小さめなクラウンになりがちですが、
丁度良い大きさに作られていました
裏バサミになる方の耳の上の真っ直ぐに決めるラインが少し内側に入ってしまったと自己報告かがありました
気づいているというのは素晴らしいですね


ケネル&ラム・クリップ

これまで進んで来たボディを整えて、
クラウンの後頭部前までを作りました
裏バサミになる方をトリミングしながら説明
それに合わせて反対側を挑戦してもらいました
最終的にお直しはしましたが、
一つ一つちゃんと理解してトリミングをしていたと思います
次回はネックライン・イヤーフリンジの裾・テールのポンポンを作り
初ペアの茜ちゃんはフィニッシュする予定です

皆さんお疲れ様でした!